日本全国にビジネススクールというのは展開していますが、最初に中国・四国地方で開校に至ったのが香川大学大学院となります。地域マネジメント研究科、地域マネジメント専攻が学科についてはあり、リーダー的立場として地域で活躍していくMBAホルダーを育てます。仕事をしながらと香川大学大学院に通学をしている生徒の8割以上がなっており、おもにキャリアアップを目的としている人が多くなっています。

 

書類審査、小論文、面接が香川大学大学院へ入学するために実施をされます。
基礎的知識が1年目に関してはメインで、実践的なプロジェクトが2年目からは実施される事になり、戦略や知識をMBAに必要となる事を学んでいきます。
エリアのみに限ったことではなく、当然国内やその他の地域、また海外においても活躍をする事のできるマネジメント・マーケティング能力も得ることが可能ですから、間違い無く将来的な選択肢が広がる事でしょう。
香川大学大学院のサイトにアクセスする事で詳しくは、資料請求が可能ですから、一度ホームページを是非とも確認を入れてみてください。
また、願書を提出する前には学校の雰囲気、インフラなどOPENスクールも開催していますので実際に自分の目で見て確認をしておくと良いでしょう。

 

授業に現在の自分に必要となる科目、また将来の目的を選択して参加することができるため、MBAの取得が効率的に可能になります。
MBAを香川大学大学院に通い取得するコトで、重点を地域活性化に置いた任務に就労をし、キャリアアップにでかく繋がります。
主として香川大学大学院の授業というのは、夜間に実施をされており、必要に応じて土日祝日も実施されることがあります。
社会選抜や一般選抜で合否判定方法や出願資格が注意するべき事として、異なる事デス。
ここでは自分が求めてるカリキュラムによって進められます。
企業のほとんどは一般的に平日の昼間に就業をしていますので、仕事をしながらこのような授業日程を組む事によって、通学を出来ます。
「分析基礎科目」「基礎科目」「地域基礎科目」「応用科目」の4つからコースをエリアマネージメント科においては選べます。